エネみらいについて

エネルギーの未来をみつめて
太陽光発電を活用した投資型事業。



「エネみらい」は、中山組グループと日本エナジーバンクが共同開発した北海道発の産業用(低圧型)
太陽光発電所分譲事業です。平成24年7月に「再生可能エネルギーの固定買取制度」が導入されたことに伴い、
太陽光発電はリスクが少なく、しかも20年間安定した収益が見込める資産活用として
注目をあつめています。メガソーラー発電所を分譲販売することにより、
多くの方に太陽光発電事業のメリットをおとどけすることが可能になっています。

保有した太陽光発電パネルから
収入を20年間受け取ることができます。

1.確実な売電収入
売電収入は一定の割合で買い取る法律がすでに施工されているため、
発電した電力については基本的に電力会社が買い取り、確実な収入と
なります。(1kwあたり税抜36円の定額買取)

2.環境に影響を与えない、クリーンなエネルギー
太陽光発電は電子力発電や火力発電と異なり、発電に「燃料が不要」
であることが最大の特徴です。例えば、火力発電に必要になる化石燃料
の埋蔵量はあと40年~50年と言われていますが、太陽のエネルギーは
無限に存在するといえます。まさに、クリーンな自然エネルギーの代表と
言えるでしょう。

3.グリーン投資減税で、大きな節税効果
グリーン投資減税とは、法人及び個人(青色申告者)に適用される、
エネルギー資源のCO2排出量抑制や、再生可能エネルギーの導入時の
税額控除や特別償却制度のことを言います。太陽光発電所の導入時
にはこのグリーン投資減税を適用することができます。